来春の鴨川シーワールドを飾る花々を地元こども園と協力して準備!
園児たちの自然体験「菜の花の種まき」

〈菜の花レポート Vol.2〉

2018年10月20日

10月16日(火)に鴨川市内の認定こども園「OURS」の園児たちに種をまいていただいてから4日目。
早くも、かわいらしい芽がたくさん出てきました。
プランターにさした名札に園児が自分で書いた元気いっぱいの名前と、かわいらしい菜の花の芽を見ていると、気分まであたたかくなってきます。 今後も菜の花の成長をお届けいたしますので、どうぞお楽しみに。

〈菜の花レポート Vol.1〉

2018年10月16日

本日10時より鴨川市内の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児たち50名による菜の花の種まきが行われました。
爽やかな秋晴れのもと、園内海岸通路に並べられたプランターの前で、園内整備スタッフによる説明を聞いたあと、一人ずつプランターの前に座り、真剣な表情で穴の中に小さな菜の花の種を植えました。
お布団を掛けるように丁寧に土をかぶせたあと、名札をさして種まきの完成です。
種まきのあとは、イルカパフォーマンスやシャチパフォーマンスを見学していただきました。

本日 種をまいた菜の花は、来年2月11日の「鴨川市民の日」ごろ満開を迎える予定です。
菜の花の成長を市民のみなさまとともに見守っていこうと思います。

来春の鴨川シーワールドを飾る花々を地元こども園と協力して準備!
園児たちの自然体験「菜の花の種まき」

2018年10月11日

来春の花催事に向けて、2018年10月16日(火)(荒天の場合、翌日に順延)に地元こども園の園児たち52名が、園内海岸通路のプランターに菜の花の種まきを実施いたします。

例年、鴨川シーワールドでは春を彩る花催事を開催しており、その種まきの一部を、自然体験の一環として地元の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児の皆様にお願いしました。年長の園児たち52名が、園内海岸通路に置かれたプランターに菜の花の種を植えます。終了後は、お礼として水族館に招待し、動物パフォーマンスを見ていただく予定です。

菜の花は千葉県の「県の花」であり、鴨川市の「市の花」でもあります。昨年度は20,000本の菜の花をメインゲートと海岸通路を中心に配置し、ご入園のお客様を黄色いじゅうたんでお迎えしました。園児たちの協力により種をまいた菜の花は、来年2月11日(月・祝)に予定している「鴨川市民 無料開放DAY」前後で満開を迎える予定です。菜の花の成長をご来園されたお客様や市民のみなさまとともに見守っていこうと思います。

【実施概要】
実施日時:2018年10月16日(火)10:00より ※荒天の場合、翌日に順延
実施場所:園内海岸通路特設会場
参加園児:認定こども園「OURS」(アワーズ)年長の園児 52名

種まきの説明をうける園児たち

園児たちによる種まき

菜の花で飾られた鴨川シーワールドの園内 (2018年2月)

〈菜の花レポート Vol.5〉

2018年1月27日


地元の認定こども園「OURS」の園児たちに種まきをしていただいたプランターが見ごろを迎えています。
園内で一番陽のあたる場所なのか、他の場所に設置しているプランターより成長が早いようです。
穏やかな早春の太陽に反射して、まばゆいばかりの菜の花をどうぞお楽しみください。

メインゲート入口付近から広大な太平洋を望む海岸通路へ、
敷き詰められた菜の花プランターもすくすく成長しておりますのでどうぞお楽しみに。
今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたします。

〈菜の花レポート Vol.4〉

2018年1月6日


穏やかな冬晴れとなった三連休初日。菜の花も続々と開花してきました。
明日は、今年で15回目となる鴨川市の成人式がロッキースタジアムで行われます。
また、成人式式典終了後には、シャチの「ラビー」の成人証書授与式も行われます。

ご来園の際は、新成人の晴れの舞台を演出する小さな菜の花を是非ご覧ください。
今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたしますのでどうぞお楽しみに。

〈菜の花レポート Vol.3〉

2018年1月1日


南房総ならではの穏やかな陽気に誘われて、菜の花の開花が始まりました。
メインゲートをくぐると雄大な太平洋とともに、菜の花プランターが敷きつめられています。まだまだ小さいですが、ご来園の際は是非かわいらしい黄色い花を探してみてください。
今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたしますのでどうぞお楽しみに。

〈菜の花レポート Vol.2〉

2017年12月27日


園内各所で増殖中の菜の花プランター。地元の認定こども園「OURS」の園児たちに種まきをしていただいたプランターを覗いてみると、少しずつつぼみが出てきました。
まだまだ寒い日が続いていますが、すくすくと成長している菜の花を見て「いつ咲くのかな?」と話しているお客様の声も聞こえてきます。
来春に向け、メインゲート入口付近から広大な太平洋を望む海岸通路へ、菜の花プランターが敷きつめられ、日差しを浴びながら春の訪れを待っています。
今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたします。

〈菜の花レポート Vol.1〉

2017年11月16日


11月9日(木)に地元の認定こども園「OURS」の園児たちに種をまいていただいてから一週間。
小春日和に誘われて、芽が出てきました。
プランターにさした名札の元気いっぱいの字と、かわいらしい菜の花の芽を見ていると、なんだか気分まであたたかくなってきます。
今後も菜の花の成長をお届けいたしますので、どうぞお楽しみに。

地元こども園 園児による菜の花の種まき

2017年11月9日

来春の花催事に向けて、地元の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児たち42名による菜の花の種まきが行われました。
絶好の秋晴れとなった本日、園内海岸通路に並べられたプランターの前で、園内整備スタッフによる説明を聞いたあと、一人ずつプランターの前に座り、真剣な表情で穴の中に小さな菜の花の種を植える園児たち。丁寧に土をかぶせたあと、名札をさして種まきの完成です!
種まきのあとも園児たちは元気いっぱい。シャチパフォーマンスやトロピカルアイランドを見学していただきました。

来春の鴨シーを飾る花々を地元こども園と協力して準備!
園児たちの自然体験「菜の花の種まき」

2017年10月31日

来春の花催事に向けて、地元こども園の園児たち50名が、園内海岸通路のプランターに菜の花の種まきを実施いたします。

例年、鴨川シーワールドでは春を彩る花催事を毎年開催しており、その種まきの一部を地元の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児の皆様に、自然体験の一環としてお願いしました。年長さんの園児たち50名が、園内海岸通路に置かれたプランターに菜の花の種を植えます。終了後は、お礼として水族館に招待し、動物パフォーマンスを見ていただく予定です。

菜の花は、千葉県の「県の花」であり、鴨川市の「市の花」でもあります。昨年度は16,000本の菜の花をメインゲートと海岸通路を中心に配置し、ご入園のお客様を黄色いじゅうたんでお迎えしました。園児たちの協力により種をまいた菜の花は、来年2月12日に予定している「鴨川市民 無料開放DAY」前後で満開を迎える予定です。菜の花の成長をご来園されたお客様や市民のみなさまとともに見守っていこうと思います。

【実施概要】
実施日時:2017年11月8日(水)10:00より ※荒天の場合、翌日に順延
実施場所:園内海岸通路特設会場
参加園児:認定こども園「OURS」(アワーズ) 年長の園児 50名

種まきの実演を見学する園児たち

園児たちによる種まき

菜の花で飾られた鴨川シーワールド メインゲート (2017年2月)

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」
2017年2月4日(土)~4月2日(日)開催

2017年1月17日

南房総の本格的な花のシーズンにあわせ、「鴨川シーワールド 花祭り2017」を2017年2月4日(土)~4月2日(日)までの期間限定で開催いたします。

「鴨川シーワールド 花祭り2017」では、メインゲート入口付近から、広大な太平洋を望む海岸通路の特設会場を中心に、昨年の倍の数となる、合計4,000鉢(菜の花16,000本)のプランターを敷きつめます。うしろに広がる青い海と空をバックに黄色い菜の花いっぱいの景色を見ることができ、その中で記念撮影をしながら春の気分を存分にお楽しみいただけます。

ひと足早い春を感じながら、鴨川シーワールドをお楽しみください。
※なお、花の状況によっては早期終了の可能性もございますのであらかじめご了承ください。

昨年の様子

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」
〈菜の花レポート Vol.3〉

2017年1月9日

お正月のポカポカ陽気に誘われて園内の菜の花が一気に開花し始めました。

昨年11月25日(金)に鴨川市内にある認定こども園「OURS」の園児のみなさんに植えていただいた菜の花プランターも、遅ればせながらの開花が始まりました。まわりの菜の花と比べると少し背丈は小さいですが、元気いっぱいに成長中です。

鴨川の春といえば菜の花。春の海に映える黄色絨毯は少しずつ成長中です。
今後も菜の花の成長をあたたかく見守りたいと思います。

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」
〈菜の花レポート Vol.2〉

2016年12月12日


地元の園児のみなさんに植えていただいた菜の花プランターは、種を蒔いてから二週間が過ぎ、すべてのプランターから芽が出てきました。
冬晴れが続き、たくさんの日差しが降りそそぐ中、一つ一つのプランターを覗いてみると、園児のみなさんのように個性が溢れ、元気いっぱいに育っています。
今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたしますので、どうぞお楽しみに。

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」
〈菜の花レポート Vol.1〉

2016年12月4日

先月、11月25日(金)に鴨川市内にある認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児のみなさんに植えていただいた菜の花プランターのあちらこちらから芽がでてきました。

種まき当日に、園児のみなさんがプランター内に均等に10コの穴を空けて種を埋めていたのかどうか、その結果がようやく判明いたしました。均等に揃って芽が出ているプランターもあれば、片方に固まって芽が出ているプランター、10箇所以上から芽が出ているプランターなど、真剣な眼差しで植えていた姿を思い出して思わず はにかでんしまう愛嬌たっぷりの愛らしいプランターが並んでます。

今後も菜の花の成長を見守りながらレポートをお届けいたしますので、どうぞお楽しみに。

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」に向けて園児たちが菜の花の種まきを実施しました。

2016年11月25日

初雪を観測した昨日とはうってかわり好天に恵まれ、3歳~5歳までの園児70名が、園内海岸通路に置かれたプランターに菜の花の種を植えました。園内整備担当のキャスメンバーによる説明を聞いたあと、丁寧に穴を掘り、布団を掛ける様に土を被せる姿は真剣そのものでした。終了後は、お礼として水族館に招待し、イルカやシャチのパフォーマンスを見学していただきました。

本日 種をまいた菜の花は、来年2月11日の「鴨川市民の日」ごろ満開を迎える予定です。
菜の花の成長を市民のみなさまとともに見守っていこうと思います。

春の花催事「鴨川シーワールド 花まつり2017」に向けて園児たちが菜の花の種まきを実施します

2016年11月18日

昨年の様子

昨年の様子

鴨川シーワールドでは、来春の花催事に先駆け、地元こども園の園児たち80名が、園内海岸通路のプランターに菜の花の種まきを実施いたします。

南房総の春を彩る菜の花は、千葉県の「県の花」であり、鴨川市の「市の花」でもあります。春の花催事期間中には毎年たくさんの菜の花を園内に植え、お客様に一足早い春を楽しんでいただいています。昨年度は8,000本の菜の花をメインゲートと海岸通路を中心に配置し、ご入園のお客様を黄色いじゅうたんでお迎えしました。今年度はその倍の16,000本の菜の花を用意しようと準備をしています。

例年は、園外の専用の作業スペースで菜の花の育成を行ってきましたが、今年はよりたくさんの菜の花を育てるために、プランターに種を植えて園内でも育てます。その種まきの一部を地元の認定こども園「OURS」(社会福祉法人太陽会、園長:米倉和昭)の園児の皆様に、自然体験の一環としてお願いしました。3歳~5歳までの園児80名が、園内海岸通路に置かれたプランターに菜の花の種を植えます。終了後は、お礼として水族館に招待し、魚たちや、動物パフォーマンスを見ていただく予定です。

【実施概要】

2016年11月25日(金) 10:00より、園内海岸通路特設会場にて
参加園児:認定こども園「OURS」(アワーズ) 3歳~5歳の園児 80名

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ