鴨川シーワールド まるごと動画ライブラリー

KAMO_THEATER(カモシアター)

鴨川シーワールドの飼育係により海の生き物の様子を動画で紹介する「KAMO_THEATER(カモシアター)」。
公式Facebookで毎週水曜日にお届けしております。

2017.10.17 Vol.97 ~バンドウイルカの「メル」~

「メル」は鴨川シーワールドにいるバンドウイルカの中で最も飼育年数が長く、10月19日に飼育30年目に入ります。15年以上パフォーマンスで活躍し、ふれあい体験でもたくさんのお客様にイルカの魅力を伝える役目を果たしてきました。
マイペースながら温厚で面倒見がよく、これまでに2度母親として子を産み育てた経験もあります。
先輩イルカの残した42年10ヶ月の記録を抜けるよう、これからも大切に飼育を続けていきます。

海獣展示二課

2017.10.10 Vol.96 ~黄色の美しいヒフキアイゴ~

ヒフキアイゴは、熱帯のサンゴ礁域に生息する体長20cmのアイゴの仲間です。他のアイゴにくらべ口が突出しており、火を吹いているように見えることからこの名がついたと言われています。
黄色の体色が美しく人気がありますが、背ビレや尻ビレに鋭い毒針を持つことから危険な魚としても知られています。
トロピカルアイランドの「エメラルドの入り江」には、たくさんのヒフキアイゴを展示しており、水そう内を美しい黄色で染めてくれています。

魚類展示課

2017.10.3 Vol.95 ~大人気!~

おや?アザラシたちが集まってきました。
何を待っているのかというと、それは氷です。この氷は水分補給のために与えています。食べ方はさまざまですが、時にはかたまりをくわえたまま、なかなかのみ込まないこともあり、心配されたお客様から、大丈夫でしょうか?と声をかけられることもあります。
フィーディングタイムのあとは氷を待つアザラシたちに注目です。

海獣展示三課

おすすめ動画ライブラリー

鴨川シーワールド開業記念日感謝DAY
「シャチものしり講座 in オーシャンスタジアム」

鴨川シーワールドは1970年10月1日に開業し、今年で47年目を迎えました。
いままでの鴨川シーワールドのあゆみやシャチの生態をより多くの皆様に知っていただくため、2017年9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、「シャチものしり講座 in オーシャンスタジアム」を開催いたしました。

鴨川市民DAY 2017

トロピカルアイランド 水中散歩満喫プラン

ハマクマノミの稚魚

 

鴨川シーワールド サマーイベント2016

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ