くっきりとした“シマ模様”が見られるのは今だけ!
イヌザメの赤ちゃんの展示を開始

2014年10月27日

トロピカルアイランド内「コーラルメッセージ」でイヌザメの赤ちゃんの展示を開始いたしました。

イヌザメの成魚(体長約1m)

岩に産み付けられたイヌザメの卵

今回展示を開始したイヌザメの赤ちゃんは、トロピカルアイランド内「サンゴ礁の庭」で展示している親ザメが今年の2月ごろから約4ヶ月にわたり産卵した卵からふ化した個体です。展示水槽内の装飾用サンゴに卵が産み付けられるたびに担当の飼育係が一つずつ丁寧に回収し、裏方の水槽で卵の発生を見守っていたところ、7月よりふ化が始まり、現在までに30尾もの赤ちゃんが誕生しました。

生まれたばかりの赤ちゃんは体長15㎝ほどで、黒と白の独特の“シマ模様”をしています。イヌザメの体色は成長とともに灰褐色に変わっていくため、くっきりとした“シマ模様”は赤ちゃんの時にしか見ることができません。水槽の中では岩陰でじっとしていることが多いようですが、時折見せる『においを嗅ぎながら砂の上を這うように泳ぐ動作』は名前の由来でもある「イヌ」を連想させ、お客様の注目を集めています。

今しか見られないイヌザメの赤ちゃんのかわいらしい姿をぜひご覧ください。

【イヌザメ】

サンゴ礁に生息する体長1mほどのおとなしいサメの仲間。
『においを嗅ぎながら砂の上を這うように泳ぐ姿』が名前の由来とも言われる。卵生で、粘着性の付着糸を備えた10㎝ほどの卵を海底の岩などに産み付ける。5ヶ月ほどでふ化し、体長15㎝ほどの幼魚が誕生する。

くっきりとした"シマ模様"が特徴のイヌザメの赤ちゃんたち(体長約15㎝)

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ