2018年干支の生き物~海の戌(イヌ)たち~

こちらの展示は終了いたしました。
鴨川シーワールド 最新展示情報はこちら>

2018年の干支「戌」(イヌ)にちなんだ、海の生き物の特別展示をトロピカルアイランド特設会場で開催いたします。

展示生物は来年の干支・戌(イヌ)にちなんだ名前が付いた海の生き物で、和名に「イヌ」が付く「イヌザメ」と、顔つきがイヌの「チン(狆)」に似ているから名前がついたといわれる「チンアナゴ」の2種30点の展示を行います。どちらもユニークなフォルムをしており、独特の動きを見せてくれます。

様々な海の生物に、なぜ「イヌ」にちなんだ名前が付いたのか、その由来を楽しみつつ、新年の新たな気持ちとともに、干支にちなんだ「海の戌たち」の姿を観察してみてはいかがでしょうか。

【展示期間】2017年12月15日(金)~2018年1月8日(月)

和名に「イヌ」がつく魚「イヌザメ」 

サンゴ礁に生息し、体長1mほどになる、性格のおとなしいサメの仲間です。
子どもの頃は体に白黒のしま模様がありますが、大人になると全身灰色になります。
エサをさがす時の姿がイヌを連想させることからついた名前といわれています。

和名に「チン(狆)」がつく魚「チンアナゴ」

サンゴ礁の砂底に生息する体長40cmほどになるアナゴの仲間です。
顔つきがイヌの「チン(狆)」に似ていることからついた名前といわれています。
とても用心深い性質で人影などを見るとすぐに砂の中にかくれてしまうので、展示ガラスにはマジックミラーをはって、水槽の外が見えないようにしています。

展示場所 トロピカルアイランド 特設会場

▲ ページトップへ

ニュースリリースメディア情報団体でのご利用の方へ採用情報動物の取り扱いについてプライバシーポリシーサイトマップ